読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TDD Boot Camp ( #tddbc )横浜を開催しました。

11/5、TDDについての実践イベントTDD Boot Camp 横浜を開催しました。色々至らない点がございましたが、スタッフの皆様のご協力で無事終わらせることができました。当日の内容については、すでにTDD Boot Camp(TDDBC) - TDDBC横浜/記録にまとめられていますので、運営サイドからの反省点をまとめたいと思います。

抽選制度

今回新しい試みとして、抽選制度を導入しましたが、その副次的な効果として、キャンセルが減少するという効果があったみたいです。スケジュールとかをあまり調整しないで我先に申し込まれる方が減少したためでしょうか。(当日受付でドタキャンに見えたのは前日にキャンセルの連絡を受けていたのを、私が受付用名簿に反映できていなかったものです。)ただ、抽選制度を導入した場合はこくちーずとかATNDとかpartakeとかのキャンセル機能が事実上使えなくなるため、繰り上がりの連絡を個別に行わなければいけないことになり、運営側の負担は増すと思います。

後今回は会場キャパシティに対する受付枠をギリギリのところで設定していたので、前日キャンセルはできれば勘弁して欲しかったです。余裕があればそこらへんをみこして受付枠にバッファをつくれたんですが...

ちなみに、抽選はこくちーずからCSVをダウンロードして、そいつをrubyスクリプトに喰わせて当選・キャンセル待ちに仕分けるという方法をとりました。ATNDとかでもシフトJISで申込者CSVをダウンロードできれば使えると思います。

準備

事前の打ち合わせはskypeで個別に行っていましたが、自分だけしか握っていない情報が発生してしまったので、グループチャットとかlingrとかで情報共有できるようにしたほうがよかったですね。SCMBCはlingrを活用しているみたいですし。

設営

そして当日ですが、最低でも会場設営を仕切る人と受付を仕切れる人は分けておくべきでした。この両方を一人で仕切るのは無理です、はい。そしてid:yujioramaには色々がんばってもらったのですが、ネットワーク環境が不調だったのは申し訳ないと思います。ただ、横浜市内で参加者にネットワーク環境を提供できて終日借りることができる施設となると、パシフィコ横浜とかになってしまうんですよw。そうすると参加費が4,000円とかになってしまうので、もし次回やるとしたら参加者の方のイーモバイルとかWiMAXとかは接続できるロケーションにはしたいと思います。

ペアプロ・コードレビュー

ペアプロとコードレビューですが、当初3イテレーションを予定していましたが、実際には2イテレーションしか実施できませんでした。最初のコードレビューの時にタイムキープが機能しなかったのが原因で、申し訳ないです。(ネットワークの不調に対応していたため)。もっと実際に手を動かす時間がほしいと思われた参加者もいらっしゃったと思うんですが、これ以上はデモとか講演の時間をやりくりして捻出するしかないので、1日のカリキュラムとしては難しいところですね。

課題

課題なんですが、出題者の趣味丸出しの課題設定(野球の打率計算)にもかかわらずみなさま意欲的に取り組まれたようで、それは喜ばしく思っています。ただ、私が最初にそもそもの野球の打率とはなんぞやという説明をすっ飛ばすという失態を犯しましたm(__)mドメインに特化した課題を出す場合は、この点の考慮は絶対必要ですね。
あと、急遽追加したデモのところでid:t-wadaが四捨五入を実装するところから学習テストの説明にもっていったところは、さすが和田さんだと思いました。(出題者はそこまで考えていませんでした...)

おわりに

色々反省点はありましたが、やってみて、次やるならこうしたいという点も見えてきたので、もしよろしければもう1回チャンスをいただければと思います。あと、yokohama.rbのみなさまには全面的に協力をいただきました。どうもありがとうございました

11/14追記

電源問題に先行きが見えない段階で会場下見につきあって色々助言いただいたid:nobeansにも盛大な拍手を!
他、id:t-wadaをはじめとして色々支えていただいたみなさま、本当にありがとうございました。