読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

modern.IEで配布されているVMイメージを日本語環境に切り替える

Interoperability, Browser & Cross Platform Testing | Modern.IEで配布されているVMイメージを使ってWindows7+IE8の検証環境を作ったのですが、日本語環境に切り替えるのにいろいろやることがあったので、備忘録として残します。

まず、Windows Updateから、言語パックをインストールします。

Windows Update を使用して言語パックをインストールする - Microsoft Windows

この際、IE10がインストール対象になっているので、対象から外す必要があります、

f:id:setoazusa:20140116230433p:plain

IE8のイメージとして配布されているのに、Windows Update するとIE10になるというのはMSらしからぬ詰めの甘さだと思います。ちょっと惜しい。

Windows Updateの自動更新は無効になっているんですけどね。

Windows Updateすると、更新に一部失敗したとか言われますが、構わず再起動します。再起動したら、コントロールパネルの「Region and Languages」の「Keybords and Languages」タブから、言語を切り替えてログオフ→ログインします。

f:id:setoazusa:20140116231111p:plain

ログインしたら、またコントロールパネルの「地域と言語」に戻って「形式」タブの形式を切り替えます。

f:id:setoazusa:20140116231229p:plain

「管理」タブのシステムロケールも切り替えます。

f:id:setoazusa:20140116231341p:plain

f:id:setoazusa:20140116231433p:plain

f:id:setoazusa:20140116231506p:plain

次に、デバイスマネージャーから、日本語109キーボードのドライバーをインストールします。

VirtualBox+modern.IEの環境を日本語キーボードに変更する手順 | MONOCHROME

再起動したら、もう一度コントロールパネルの「地域と言語」の「キーボードと言語」タブから、キーボードの既定の言語を変更します。

f:id:setoazusa:20140116232559p:plain

f:id:setoazusa:20140116231804p:plain

最後に*1IE9 と IE10 の自動更新のブロッカーをインストールして、おしまいです。

マイクロソフト公式ダウンロード センターから Internet Explorer 9 自動配布の無効化ツールキット をダウンロード

マイクロソフト公式ダウンロード センターから Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキット をダウンロード

*1:これが最後になったのは、日本語キーボードをUS配列として認識している状態でコマンドプロンプトで\や/を入力するのが、筆者には無理ゲーだったためです。